当ネットワークの役割

琵琶湖災害時透析
ネットワークの役割

当ネットワークの最も重要な役割は、災害対策であると考えています。
人工透析を必要とされる患者の皆様が大きな天災に見舞われた際に、命をつなぐ透析医療を継続可能にするため、災害時の医療機関の被害情報を開示する必要があると考えています。
滋賀県ではどこで透析治療を受けることができるのか、いつもの病院の被害はどうなのか、などの不安を少しでも解消するべく、滋賀県内の各医療機関の協力を得、皆様に開示しております。

当ネットワークについて

当ネットワークは滋賀県内にて震度5以上の地震と,国または地方公共団体により災害救助法が適用されるような被害が発生した場合に活動を開始し、県内全透析施設からの被害情報を収集いたします。被害の有無にかかわらず以下の方法で施設情報の送信をお願いします。
【災害情報登録】をクリックすると情報伝達フォームが表示されます。各入力項目に従って 情報を入力・送信して下さい。「災害時速報」で所属医療圏をクリックすると閲覧できます。 同じ施設で情報を更新・送信すると最新の情報が登録されますので更新をお願いします。